香港時間 - Hong Kong Time -

香港の今を、日常から、写真と文で読み解きます

映画「梅艶芳(アニタ)」を観た

f:id:hongkong2019:20220511053450j:image

 

新型コロナの第五波が沈静化し、4月21日から映画館が再開したので、先日、香港映画「梅艶芳(アニタ)」を観に行ってきた。評判通りの作品で、泣けた。

 

 

この映画は、昨秋上映されるや香港人の間で人気沸騰。映画好きの香港人の友人も絶賛していたので観たいと思っていたが、観ないうちにコロナ禍で映画館が休館に。諦めていたけど、規制緩和で再開すると、まだ上映する映画館が僅かにあってラッキーだった。

 

f:id:hongkong2019:20220511051928j:image

(Disneyプラスではダイレクターズカットを上映中)


映画の主人公、アニタ・ムイは言わずと知れた香港の大スター。1980年代、90年代を中心に活躍していたが2003年12月に子宮頸がんのため40歳の若さで旅立った。

 

映画は、幼少期に姉と一緒に舞台に立って歌っている場面から始まる。(以下ネタバレになるのでご注意を)

 

f:id:hongkong2019:20220511053745j:image

(下町の茶餐店(大衆食堂)に掲げられたアニタレスリーが共演した映画のポスター)


幼い頃は誕生日にケーキを買うお金がないほど貧しかったが、沢山の言語で歌が歌えれば世界が広がるというアドバイスを聞き、持ち前の歌唱力だけでなく、日本語の歌など多言語で歌を熱唱。ステージを盛り上げファンを魅了して、スターダムにのし上がった。


マッチこと、近藤真彦との恋の噂は香港では有名だが、映画では、後藤夕輝という名前の日本人歌手が登場し、恋愛模様が描かれた。映画では、日本に頻繁に行って愛を育んでいたけど、結局2人はそれぞれのスターのキャリアを選ぶことになる。(ちなみに、マッチは香港でも人気があった)


映画では、マフィアとのトラブル、社会貢献活動に取り組む姿、レスリー・チャンとの友情なども描かれて、短くも情熱と波乱に満ちた生涯が、数々のヒット曲とともに浮き彫りされた。

 

f:id:hongkong2019:20220511053804j:image

(下町の茶餐店(大衆食堂)の店頭に掲げられたアニタレスリーが共演した映画のポスター。店内もオールド香港風)


そのレスリーは、SARS(重症急性呼吸器症候群)が香港で感染拡大中だった2003年4月1日にマンダリンホテルから飛び降り自殺。映画では多くの市民が悲しむ当時の映像を使っていた。(当時がリアルに思い出されて切なかった) そして、盟友の死を悲しんだ彼女も、レスリーを追うように約8ヶ月後の12月に旅立った。

 

当時、彼女はガンであることを公表して、最後のコンサートをホンハム体育館で行うことを発表。ウエディングドレス姿でステージに上がったのは伝説になっている。

 

f:id:hongkong2019:20220511053641j:image

(映画館再開のお知らせ付きの、映画「梅艶芳(アニタ)」のポスター


映画には、街も人間模様も、古き良き香港がぎっしり詰まっていた。姉妹愛と、彼女の孤独も描かれていた。改めて、時代を駆け抜けたすごい女性だったんだなと思った。

 

 

4月15日のいろいろ

f:id:hongkong2019:20220415191416j:image

今日4月15日。晴天で湿度55%、気温27度。風もあってカラッとしていてとても気持ちがいい。そんないいお天気なんだけど、いろんなことがあった日でもあった。

 

(1)新型コロナの新規感染者が、2ヶ月ぶりに3ケタに。一時は1日で7万人以上の陽性反応が確認されて大変だったけど、今日は946人。(PCR検査で471件、簡易検査キットで475件) 。昨年12月31日から始まった第5波だけで、感染者の累計は118万3000人余り、死者の累計は8856人で、致死率0.748%。感染しても申告しなかったり無症状で気づかなかった人も入れると、感染者は累計で350万人に達しているとの分析もある。ここまで減ったらやっぱりみんな解放感を感じるだろう。

 

感染者が3桁に減ったので、火曜日以外は毎日午前11時からやっていた行政長官のコロナ関連記者会見はひとまず終了らしい。

 

f:id:hongkong2019:20220415191714j:image

 

(2)今日からイースター休暇で4連休。お天気だしこのところ毎日コロナの新規感染者が減っているので、街には人がいっぱい。離島に遊びに行く人も多そうだけど、ショッピングモールも人が大勢。笑顔が戻ってきて、嬉しくなる。上海市がゼロコロナ政策で都市封鎖して、抵抗する市民が警察に取り押さえられている光景などを横目に、「香港にいて良かった」などと皮肉る香港人も。

f:id:hongkong2019:20220415191521j:image
f:id:hongkong2019:20220415191524j:image
f:id:hongkong2019:20220415191527j:image

 

(3)全民国家安全教育日:去年から始まったこの日。国家の安全や香港の安全などについて考えたり学ぶんだろうけど、休日に何をするんだろうか?何をしたらいいんだろうか?

f:id:hongkong2019:20220415191736j:image

f:id:hongkong2019:20220415191449j:image
f:id:hongkong2019:20220415191445j:image

 

 

 

無料の防疫用品一式が届いた

f:id:hongkong2019:20220407205857j:image

 

「おはよう。物資を届けに来たわよ〜」

4月7日朝、家で仕事をしていたら、こう言いながらマンションの各世帯のドアのベルを鳴らす人たちの声がフロア中に響いていた。

 

来たか。と思った。

 

香港政府が4月2日から7日間の予定で、香港中の約350万全世帯に配ると言っていた「防疫服務包」を配る物資給付隊だ。ドアを開けたら、マスクにフェイスシールドをつけたおばちゃん、おじちゃんが一軒一軒のベルを鳴らして、ドアを開けた住人に手渡していた。

 

f:id:hongkong2019:20220407213736j:image

 

ボランティアが中心になって配っていた「防疫服務包」。上の写真がそうだが、中身は、冒頭の写真。

    -KN95マスク10枚入が2袋

    -漢方薬「連花清瘟膠囊」2箱

    - 簡易検査キット20回分

    -ホットラインなどが書かれた紙

    -政府からのメッセージ

 

 

350以上の組織、約1万7000人の人によって配られているこの袋は、原則一軒一軒に手渡すことになっている。不在の場合は、家のドアの前に不在通知を残す。住民はこれを持って所定の場所に行って受け取るようになっているという。

 

また、1世帯1袋だけだから、大家族で足りない世帯は、今日(4月7日)から13日までの間、所定の約90ヵ所で同じ袋を受け取ることができるという。

 


f:id:hongkong2019:20220407211553j:image

上の写真は香港政府当局によるメッセージなんだけど、要約すると、「国家は、香港で起きているコロナの感染爆発を非常に心配してくれていて、香港政府の支援要請に応じて、医療部隊も含めて、各種防疫用品の購入、生産、運送に絶大な力を費やしてくれた。そしてこの「防疫服務包」の配布には、香港の100以上の組織と1万人以上のボランティアや公務員組織が結束して力を発揮してくれている。この大変な時期をみんなで乗り越えていこう。国家の強力な支援と市民が一丸になることで、一日も早く正常な日常を取り戻そう」

と、ざっとこんな感じ。


一番言いたかったのは、国家がとても支援してくれていることを忘れるな、ってことなんだろうな。


なんたって、3月末時点で、中国本土からの支援物資は累計30億人民元(約580億円)に達したというんだから。支援物資には検査用品、防護用品、消毒用品、医薬品が含まれるという。支援はこれだけではない。もっとある。

 

コロナ禍で流れるニュースは「国家の支援の下で〜」というフレーズがなんと多いことか。これを聞いて国家に感謝する市民はいると思うが、その一方で、国家にこんなに頼らなければならないほど、香港ってこんなにダメだったっけ?と思う市民もいると思う。
 

香港で未明に地震

f:id:hongkong2019:20220314144955j:image

 

今日(3月14日)未明、香港で地震があった。中国地震台網によると、午前2時28分、香港の東北東約92キロに位置する廣東省恵州市海域で、マグニチュード4.1の地震が発生。震源地の深さは25キロだった。(冒頭の写真はCATVニュースから)

 

この地震、結構揺れた。私はこの時たまたま起きていた。最初にグラグラッときて、えッ?地震?と思ってしばらくしたら今度は、もっと揺れて時間も長かった。(と言っても数秒だと思う)

 

これは地震に違いないと思って、急いでテレビをつけてニュースを見たけど、一向に地震発生を知らせるテロップもなく、前の日のニュースを繰り返し流している。

 

おかしいなぁ、こんな深夜に家のビルだけ揺れるようなことが起こったわけ?と思ったけど、その後何もなく静まりかえっていたので、寝ることにした。

 

で、朝ニュース見たら、やっぱり地震があったんじゃん! 

 

香港は地震がないと思われているけど、少なくとも私がいる間に過去2回は起きている。(あれ?3回だったか?) そのうちの一回は私も体感した。当時は地震など起きないと思っていたから、高層ビルの上層部にいてビルが揺れた時は怖かった。ビルの問題か自分のめまいかわからないけど、とにかく急いでそのビルを出た記憶がある。

 

その後その揺れは、台湾で付近で起こった大地震によるものだったと知り、香港は地震がないということはない、と理解したのだ。

 

というわけで笑えるのが、下記のRTHKが流したニュース。

   ↓  ↓  ↓

f:id:hongkong2019:20220314142850j:image

内容は、「天文台は未明に、『市民から地震を感じたとの知らせを受け現在調査分析中。分かり次第発表する』と発表した」というもの。

 

地震が2時28分に発生し、香港では2時29分に揺れていたのに、その約20分後でも、「調査中」というニュースしか出てこないのか。こんなんで大丈夫か?

 

日本だったら、揺れる前に地震警報が流れて、皆が心の準備までして地震に備えるというのに、香港は、市民の通報を受けてから調べるのかぁ。こうしてみると日本の地震に対する行政と市民とメディアの危機意識は素晴らしいな。

 

で、これほど高層ビルが林立する香港だけど、香港のビルは地震を想定した建築基準はなく、台風を意識して強風に耐えられるビルの建築基準になっている。

 

香港は地震帯に属していないためで、過去100年間、建物の倒壊はもちろん、死傷者が出るほど大きな地震は発生しておらず、香港の建築条例にも耐震基準がないそうだ。

 

今回の地震、香港の広域で市民が揺れを感じ、8000人以上が天文台に通報したそうだ。

 

 

街に溢れるウイルス検査キット

f:id:hongkong2019:20220311232443j:image

最近、街角でよく見かけるのがオミクロン株など新型コロナ感染を確認できる簡易検査キットだ。にわか販売店も含めて、あらゆるところで様々な商品を売っている。

 


f:id:hongkong2019:20220311232438j:image

(突如登場した検査キット販売スタンド)

 

最近は1日の新規感染者が3万人から5万人規模で確認されているから医療現場は慢性的な人手不足。もはや疑わしい人を全員検査できる許容範囲を超えている。検査会場に行ったとしても長蛇の列で、順番待ちをしている間にウイルス感染する恐れもある。検査結果を受け取るまでに数日かかるという話も聞く。

 


f:id:hongkong2019:20220311232429j:image

(椅子とテーブルを置いて商売する人も)

 

そこで市販の検査キットを購入して、出勤前や、体調に異変を感じたら自分で検査して陽性反応かどうかを確認する人が増えている。自宅で15分で結果が出るという手軽さもあるからだ。


f:id:hongkong2019:20220311232449j:image

(マスクを売る店では大々的に広告も)

 

このニーズに敏感に反応した小売店や個人が次々にキットの販売に参入。政府が推奨しているのは9種類だが、街には品質的に怪しいものも含めて、さまざまなキットが溢れている。

 

f:id:hongkong2019:20220311233649j:image

(政府が利用している検査キット)

 

乾物屋、漢方薬の店、衣料品店や化粧品店など、小売店の業容問わず店頭に商品を並べているのだ。空きスペースを借りて、短期間だけ出店する店も見かける。キットの値段は様々だ。


f:id:hongkong2019:20220311232435j:image

(乾物を売る店でも店頭に検査キットが)

 

f:id:hongkong2019:20220312001720j:image

(婦人服の店頭でも販売)

 

同僚の家族は喉の痛みを感じて2回にわたって、種類の違う検査キットで試したが、いずれも陰性。更に別のキットで3回目に検査して陽性反応が出た時は、体調はかなり悪化していたそうで、「偽物をつかまされた」と憤っていた。


f:id:hongkong2019:20220311232432j:image

(健康食品を売る店も店頭に検査キットを)


f:id:hongkong2019:20220311232426j:image

(漢方薬の店でも)


f:id:hongkong2019:20220311232455j:image

(大手ドラッグストアチェーン店)


f:id:hongkong2019:20220311232503j:image

(薬局で売られている検査キット)


f:id:hongkong2019:20220311232505j:image

(薬局で売られている検査キット)

 

 

怪しい物をつかまされたくないから「政府からの無料配布を待つ」という人もいるが、「念のためにいつでも自宅で検査できるようにしておきたい」と用意する人も少なくない。

 

香港の薬局の中には、偽物を売る怪しい店もあるから、信頼できる大手ドラッグストアチェーンの「ワトソンズ」や「マニング」で買うとか、政府が使っていると紹介している商品を買うとか、オミクロンが流行し始めた昨年12月以降に製造された検査キットを買うべきだ、など個々人が購入の指標を決めて買っている。


f:id:hongkong2019:20220311232457j:image
(大手ドラッグストアチェーン店)


f:id:hongkong2019:20220311232440j:image

(大手ドラッグストアチェーン店)


f:id:hongkong2019:20220311232421j:image

(大手ドラッグストアチェーン店)


f:id:hongkong2019:20220311232424j:image

(大手ドラッグストアチェーン店)

 

新型コロナが流行し始めた2020年1月以降、香港ではマスクが品切れ気味で、価格が高騰する一方で、品質的に予防効果がないマスクも出回った。今は、マスクではなく簡易キットで同じことが起こっている。

 

コロナ禍の銅鑼湾・SOGOデパート


f:id:hongkong2019:20220310175337j:image

3月10日(木)。今日も快晴で最高気温は24度。カラッとしていて、コロナ禍でなければ気持がちいい。

 

1日前(つまり3月9日)だけど、香港島の繁華街・銅鑼湾のSOGOデパートに買い物に行ったついでに、ザッと店内を回ってみた。買い物客がいない各フロアは照明も落としている?ようで、買い物客もいないせいか、寒々としていた。

 

ちなみにSOGOデパートは日系百貨店のそごうを、日系デパートのノウハウなども含めて、地元企業が買収して、SOGOになった。なので、日本製品が多いし、北海道物産展など、日本フェアも頻繁に開催されている。

 

で、本題に戻すと、

食品売り場はそこそこ人がいたけど(といっても普段に比べたら全然少ない)、それ以外はどのフロアも、ほぼ店員さんしか見かけなかった。

 

それよりビックリしたのは、百貨店内でも、あちこちで、テープを張って、休業を告げていたことだ。商売にならないと見切りをつけたとみえる。

 

==地下の食品売り場==

買い物客もそこそこいたし、食品も揃えていた。

f:id:hongkong2019:20220310164512j:image
f:id:hongkong2019:20220310164802j:image
f:id:hongkong2019:20220310164805j:image

しかし、精肉店では休業の店も

f:id:hongkong2019:20220310164837j:image

 

惣菜コーナーも閉まっている店も

f:id:hongkong2019:20220310152312j:image
f:id:hongkong2019:20220310152253j:image

 

 

お菓子コーナーもポツポツ休業の店が:f:id:hongkong2019:20220310161817j:image

ヨックモックも休業


f:id:hongkong2019:20220310161820j:image

洋菓子店も休業


f:id:hongkong2019:20220310152318j:image

地元菓子店も休業

 


==食品以外の各フロア==


f:id:hongkong2019:20220310152307j:image

革製品のバッグや小物を売る店も休業


f:id:hongkong2019:20220310152301j:image

DANIEL HECHTERも休業

 

f:id:hongkong2019:20220310162221j:image

GUESS も休業


f:id:hongkong2019:20220310152322j:image

靴屋のHush Puppies も休業


f:id:hongkong2019:20220310152256j:image

時計からバッグ、スーツケースなどを売るVictorinoxも休業

 

f:id:hongkong2019:20220310162514j:image

カフェも休業


f:id:hongkong2019:20220310162517j:image

ARC'TERYXはこの機に店内改装するらしい

 

各フロアは照明も弱くしているみたい。それとも人がいないから、暗く見えるのか?


f:id:hongkong2019:20220310162505j:image
f:id:hongkong2019:20220310162459j:image
f:id:hongkong2019:20220310162511j:image

f:id:hongkong2019:20220310162508j:image

f:id:hongkong2019:20220310163407j:image
f:id:hongkong2019:20220310163359j:image
f:id:hongkong2019:20220310163404j:image
f:id:hongkong2019:20220310163401j:image
f:id:hongkong2019:20220310163356j:image

 

直近の1日の新規感染者数:

3月10日:31,402人

   (医療機関で24,390人, 検査キットで7,012人)

3月9日:58,757人

 (医療機関で25,991人, 検査キットで32,766人)

3月8日: 43,190人

 (医療機関で28,475人, 検査キットで14,715人)

   *この日から市販の検査キットで陽性反応が出た人の自己申告の受付始める*

3月7日: 25,150人

3月6日: 31,008人

3月5日 : 37,529人

 3月4日: 52,0523人

3月3日:  56,827人

3月2日:  55,353人

 3月1日:  32,597人

 2月28日 : 34,466人 ← 買い占め騒動が起こった日

1日ぶりに4回目の定点観測

f:id:hongkong2019:20220309205927j:imagef:id:hongkong2019:20220309210002j:image
果物コーナーは、穴埋め用のポテトチップスやかっぱえびせんから、本来の果物に!

 

定点観測4日目。3月9日(水)。今日も快晴で気温は最高24度まで上昇。日差しが強くて、暑いくらいで半袖姿の人もチラチラ。

 

2月28日以降、生活必需品の品不足が続いていたので先週土曜日から始めた定点観測。今日も在宅勤務だったので、お昼時間を利用して、家の近所の地元大手スーパー「ウェルカム」2店舗の状況をチェックに。

 

2日ぶりの店舗の品物の状況はーー。

 

結論から言うと、小さい方の店舗の果物コーナーに、遂に果物が並んでいた。大きい方の店舗は麺類がだいぶ追加されていたが、2店舗とも2日前から大した改善はなかった。このままこんな状態がしばらく続きそうな気がする。

 

 

過去3回の定点観測の様子はこちら↓

https://hongkong2019.hatenablog.com/entry/2022/03/07/184212

https://hongkong2019.hatenablog.com/entry/2022/03/06/145139

https://hongkong2019.hatenablog.com/entry/2022/03/05/134707

======

 

まずは小さい方のウェルカムから:

 

果物コーナーについに果物が!

ポテトチップスと、かっぱえびせんは、お役御免となっていた。

f:id:hongkong2019:20220309195849j:image

f:id:hongkong2019:20220309195907j:image

真上の写真の反対側の果物コーナー。キウイ5個しかなかった、あの日が再来しないことを期待したい。

 

野菜コーナー: ブロッコリーだけが出現!

f:id:hongkong2019:20220309195913j:image
中華ソーセージで埋め合わせされていた野菜コーナーに、ブロッコリー登場!でも大部分がまだ中華ソーセージなどだ。

 

精肉コーナー:こっちも商品が並び始めた。
f:id:hongkong2019:20220309195917j:image
f:id:hongkong2019:20220309195853j:image

肉を切ってパックに詰めるおばさんも登場!

 

パンコーナー:2日前にはパンが売られていたけど、今日はない。売り切れか?

f:id:hongkong2019:20220309195900j:image

 

冷凍魚と冷凍肉コーナー:入荷されてきてるけど、スペースを埋めるまでには至らず。冷凍餃子で埋め合わせ中だ。


f:id:hongkong2019:20220309195856j:image
f:id:hongkong2019:20220309195903j:image

 

======

次は、地下鉄駅脇の大きい方のウェルカム。

 

f:id:hongkong2019:20220309201516j:image

今日も多くの買い物客が買い物していた。


f:id:hongkong2019:20220309201626j:image

f:id:hongkong2019:20220309201534j:image

果物コーナーの種類・量共に安定。


f:id:hongkong2019:20220309201614j:image

野菜も種類が多いし量も多い。営業時間は午後5時までだから、この量なら十分足りるだろう。


f:id:hongkong2019:20220309201544j:image

と思ったら、キャベツが一気にほぼ半額に!この値段の落差やめてほしい。


f:id:hongkong2019:20220309201623j:image

品揃えは豊富。

 

精肉コーナー:ある程度の量を供給できるようになっているが、やはりまだ通常の状態まではいかない。
f:id:hongkong2019:20220309201554j:image
f:id:hongkong2019:20220309201608j:image

 

空っぽになっている冷蔵用の棚も。
f:id:hongkong2019:20220309201522j:image

 

パンコーナー:まだ供給量が全然追いついていない感じ。

f:id:hongkong2019:20220309201557j:image

 

冷凍魚コーナー:冷凍魚で埋め尽くされていて、穴埋め的に置かれていた冷凍餃子がお役御免になっていた。


f:id:hongkong2019:20220309201551j:image


f:id:hongkong2019:20220309201547j:image

ここも冷凍餃子の役割は終了したもよう。

 

冷凍肉コーナーは、前回よりも種類が増えた。
f:id:hongkong2019:20220309201530j:image

 

とはいえ、冷凍餃子がまだまだスペースを埋めるために置かれている場所も。
f:id:hongkong2019:20220309201519j:image
f:id:hongkong2019:20220309201537j:image

 

そして、冷凍餃子が置かれるべくこの棚は、空になっているスペースも。
f:id:hongkong2019:20220309201611j:image

 

麺コーナー:だいぶ種類が増えて、彩りが出てきた。
f:id:hongkong2019:20220309201619j:image


f:id:hongkong2019:20220309201527j:image

まだ空きスペースはあるが、最悪期は脱した感じだ。

 

食用油コーナー:こちらもだいぶ商品が出回ってきた。わざわざ棚の外に置いて、商品の存在を強調しているのが、笑える。


f:id:hongkong2019:20220309201540j:image

 

f:id:hongkong2019:20220309201602j:image

 

一例並びで、商品を陳列していた棚には商品が並ぶようになってきていた。


f:id:hongkong2019:20220309201616j:image
f:id:hongkong2019:20220309201605j:image